AGEST(エイジスト)の副作用情報【危険?効果の高さには裏が!?】

AGEST 危険

 

AGEST(エイジスト)の愛用者は口をそろえて効果がすごいと言っているのですが、効果が高いということは何か刺激の強い危険な成分が入っているのではないか?なんて疑ってみたくなります。

 

AGEST(エイジスト)には副作用はないのでしょうか?

 

いくら効果があっても危険な副作用の可能性があるなら、購入するのをためらってしまいますよね。

 

ここでは、AGEST(エイジスト)に危険な副作用がないかどうか徹底的に調べてみました。

 

AGEST(エイジスト)に危険な副作用はない?

 

結論から言うと、公式サイトにも記載されているのですが、AGEST(エイジスト)に危険な副作用はありません。

 

AGEST(エイジスト)は薬品ではなくサプリメントなので、副作用というのはないんですね。

 

実際、口コミを見ても、AGEST(エイジスト)を飲んで副作用が出たというものはありません。

 

もし危険な副作用があるなら、50万包も売れ続けるわけがないですね。

 

AGEST(エイジスト)に危険な副作用はありませんので、安心して飲むことができますよ。

 

AGEST(エイジスト)の原材料に危険な副作用を起こすようなものはもちろん使われていませんが、製造過程の品質管理も徹底されています。

 

AGEST(エイジスト)は国内GMP認定工場で製造されています。

 

GMPとは医薬品レベルの品質管理がされている工場だということを第三者機関が証明した証です。

 

原材料はもちろん、製造のときの品質管理にも安心感があります。

 

そして香料、着色料、保存料を一切使用していないので、危険な添加物の心配もありません。

 

やはり値段だけのことはあるということですね。

 

AGEST(エイジスト)のおすすめの飲み方

 

さきほども書いたようにAGEST(エイジスト)は薬ではなくサプリメント(健康食品)なので、基本的にはいつ飲んでもOKです。

 

朝、目が覚めたときや、夜寝る前に飲む人が多いようです。

 

飲むときには常温の水かぬるま湯で飲むのがいいみたいですね。

 

公式サイトには「胃腸が弱い人は空腹時ではなく食後に飲んでください」とあります。

 

しかし、基本的にサプリメントは空腹時に飲んだほうが吸収が良くなります。

 

AGEST(エイジスト)はプラセンタサプリですから、いわば良質なアミノ酸の宝庫です。

 

アミノ酸は、私たちの体を作る元であり、筋肉中でエネルギーとして使われます。

 

食後や食事中にアミノ酸を摂取すると、食物に含まれるたんぱく質が優先的に消化・吸収されるため、アミノ酸が吸収されにくくなるんです。

 

せっかく高価なサプリメントを飲んでも吸収されないのでは悲しいですね。

 

食事の30分くらい前か、食後2〜3時間たってから飲むのがいいと思います。

 

特に胃腸が弱いという方以外は空腹時の摂取をおすすめします。

 

通常は1日1回1包(4粒)を飲めばいいのですが、疲れすぎてどうにもつらいというときは朝と夜の2回飲むのがおすすめです。

 

値段だけ高い栄養ドリンクを飲むより効き目があるかもしれませんよ。

 

日々の生活の中で不足がちな栄養をAGEST(エイジスト)で補っていきましょう!

 

>>AGEST(エイジスト)の詳細はこちら