AGEST(エイジスト)と他のプラセンタサプリと何が違う?【成分を徹底比較】

AGEST 成分

 

AGEST(エイジスト)にはさまざまな成分が含まれていますが、基本的な成分はプラセンタです。

 

今や美容業界ではポピュラーな成分であるプラセンタですが、AGEST(エイジスト)に使われているプラセンタは他のプラセンタサプリの成分と何が違うのでしょうか?

 

ここではAGEST(エイジスト)の主要成分である馬プラセンタについてまとめました。

 

馬プラセンタの特徴

 

AGEST(エイジスト)の効果の源は「プラセンタ」ですが、プラセンタにもいろいろな種類があります。

 

AGEST(エイジスト)に使われているプラセンタは「馬プラセンタ」ですが、他にも豚プラセンタ、羊プラセンタ、海洋性プラセンタ、植物性プラセンタがあります。

 

もっともポピュラーなのは豚プラセンタですが、馬由来の馬プラセンタは、他のプラセンタとよりも多くのアミノ酸が含有されているのが特徴です。

 

馬プラセンタはほとんどの場合、サラブレッドの胎盤が使われます。つまりハッキリと血統がわかっており、品質管理、栄養管理などが徹底されています。

 

豚と比較して馬は出産数も少ないため、馬プラセンタは希少価値があります。

 

だからAGEST(エイジスト)は他のプラセンタサプリに比べて高価なんですね。

 

でも、「馬プラセンタ」といっても、実はごく微量にしか配合されていないという悪質な商品もあるので注意が必要です。もちろんAGEST(エイジスト)はそんなことありません。

 

しかもAGEST(エイジスト)に使われている馬は国産馬以上の驚異のエネルギーを秘めた馬を使っています。

 

AGEST(エイジスト)インナービューティーサプリメントで使用している馬は、標高の高い大自然の中で生育しているので、毎日高地トレーニングをしているのと同じ環境にいます。

 

だから国産の馬よりもはるかに優れた心配機能を持っていて、生命力も段違いです。

 

一般的な馬の場合約10%が死産となりますが、高地に生息する馬の死産率はその10分の1ほどです。これをみてもその生命力の強さがわかりますね。

 

AGEST(エイジスト)のプラセンタの原産国はキルギスやアルゼンチンやニュージーランドなど時期によって変わります。

 

そのときどきで最適な場所を選んでいるようです。

 

成長因子が効果を高める

 

プラセンタには、タンパク質が非常に多く含まれています。タンパク質は、人間の体を作る源です。

 

そしてプラセンタに含まれるたんぱく質には、「成長因子」( =グロスファクター)と呼ばれる成分が含まれます。

 

胎児が驚くほどの速さで細胞分裂を行って成長していくのは、胎盤に含まれるこの「成長因子」の効果です。

 

グロスファクターは、細胞分裂を促進して、細胞を臓器へと作り変える働きがあるのです。

 

このグロスファクターが含まれていることで、プラセンタがエイジングケアに利用されることが多くなっているのです。

 

プラセンタ(胎盤)には赤ちゃんを成長させる栄養の宝庫です。その効果を生み出すのがグロスファクター。

 

グロスファクターは、新陳代謝を促進したり、ホルモン調節をしたり、エイジングケアに大きな効果を発揮する成分なのです。

 

AGEST(エイジスト)を飲むことでグロスファクターを自然に摂取することができるんですね!

 

>>AGEST(エイジスト)の詳細はこちら